成功の可能性を見つめる瞬間

科学やテクノロジーをテコにして、世界に非常に大きなインパクトを与えられる機会がそこらじゅうにころがっている

ラーンニング事業

ジャパン・アズ・No.1 と語られたのはいつだったのか? その記憶のある世代が年長者となって、いつしか日本は挑戦をしない風土が根付いてしまい、結果として成長のない30年もの年月を費やしてしまいました。が、実は技術立国日本の能力は失われていません。世界と渡り合えるブロックチェーン技術があります。

ブロックチェーンを学びましょう。そこから、新しい事業が生まれます。新たな成長サイクルをともに築きましょう。

失われた30年を取り戻す、不確実への挑戦を

統括マーケティング篇 BC親和性概論
ワールドテクノロジー篇 世界基準技術

講座内容詳細はこちら

お申込みは、peatix を活用して受け付けています。

3/4 にプレイベントを開催します

2020/3月 東京校始動!

未来がはじまる瞬間に立ち会う

富の集中が人々を疲弊させ、社会の進化が停滞している。かつて、「金持ちは、金をたくさん持っているだけで、別に優れているわけではない」とA.ヘミングウェイが書いた。日本で暮らす私たちにとって、現在でもアメリカという国はひとつの目標であり幻に思える。何かが大きく変わろうとしている。そのきっかけは、やはりテクノロジーでありイノベーションである。

検定問題を一部紹介

  1. ~〇に当てはまる正しいものを選択肢の中から選べ

ブロックチェーンとは、①(    )、または、分散型ネットワークである。ビットコインの中核技術(②(    )が開発)を原型とする③(    )である。ブロックと呼ばれる順序付けられたレコードの連続的に増加するリストを持つ。各ブロックには、④(    )と直前のブロックへのリンクが含まれている。理論上、一度記録すると、ブロック内のデータを遡及的に変更することはできないため、⑤(    )ができない。ブロックチェーンデータベースは、⑥(    )ネットワークと分散型タイムスタンプサーバーの使用により、⑦(    )に管理される。