Mission

失敗なんてひとつの選択肢。失敗することがなかったら、どうしてイノベーションを起こせるだろう?

ワクワクを生み出し、 イキイキとした人生を

2012年、はじめてブロックチェーンという言葉とその革新性に触れて以来、そのテクノロジーを活用してこれまでにないアプリケーションを世の中に出したい。

そう思ってきました。

インターネットが、世界を大きく変えていったように、ブロックチェーンはこれまでにない新しい価値を社会にもたらすだろうと信じています。

残念なことに、2020年を迎えても、そのような価値はまだ見出されていないというのが現実です。

しかし、ワクワクはまだ衰えてはいません。
2020年、未来から振り返ったとき、それはブロックチェーンの社会実装元年だった、と捉えられるかもしれません。

私たちは、ブロックチェーンの価値を高らかに宣言する集団でありたいと願っています。